始末の極意。意味がわからん人は検索してみよう。
あんまりお仲間さんの間で、
話題にのぼらないようなのですけれど、
結構タイプです、白石康次郎氏。

タッパがどれくらいあるのか、
ちょっとわからないのですけど、
そんなになさそうな感じなので、
自分にとっては理想的な骨太ガッチビ、かも。

スラックスを履いた時の、
あの腰から足にかけての下半身の収まり具合に、
加えてあの口角の上がり具合。
キャー、である。

あとねぇ、多分賛同は得られ難いと思うのだけど、
KONG兄やんに似てる気がするんだよねぇ。
もちろん双子みたいな、てんじゃなくて、
兄弟、とか親戚、的な似かただと思うのだけど。
どっちも剣道の道着とか似合いそうだし。
それにあのホッペのふくふく具合…。

下半身も似たようなもんかな……、
などと妄想すると、おかわり三杯である。
ウナギの匂いだけでご飯食べるようなもんですな。

………。
あああぁぁぁ、妄想が暴走しないうちに、
クマ警官さん、拉致しに来てぇぇぇぇ。(ノД`)シクシク
[PR]
by aki9ma | 2008-07-22 22:38 | 雑記。
<< 成長する黒いマリモ。 ケンコバで。 >>