カテゴリ:本。( 3 )
この本によると、
小室哲哉は98年頃に新聞のインタビューで、

「97年は僕の人気をわざと空洞化しました」

というような発言をしていたらしい。

ナンシー関氏がまだ生きていたなら、
最近の騒動にどんなコメントをしていたろうか、
と思うと、亡くなられてしまったことが、
今だに惜しまれる。
[PR]
by aki9ma | 2009-02-12 08:30 | 本。 | Comments(0)
b0014572_22263918.jpg
いや、もちろんこれだけじゃありませんことよ。
しかしきたねーな。w
少しは整理整頓ということを覚えないと。
[PR]
by aki9ma | 2008-12-21 22:27 | 本。 | Comments(7)
雑誌ブルータス最新(645)号の特集が、
ズバリ、「本」で。
この雑誌ならではの切り口で、
めちゃめちゃ面白かった。
(ダ××ンチよりずーっと。w)

なんかホントこの世の中には、
自分が読んでいない面白い本が、
山のようにあるのだなぁ、と思わせる特集で。

自分が普段読む本って、
フィクション・エッセイが多いので、
こういう風にジャンルレスでランダムに並べられると、
なんか食指が動いてきたりしまして。
経済学とか政治論とか面白そうに思えてきます。

あと、特集の最初で取り上げられている、
須賀敦子氏の作品からの引用が、
「人間のだれもが、究極においては生きなければならない孤独と隣あわせで、人それぞれ自分自身の孤独を確立しないかぎり、人生は始まらないということを、すくなくとも私は、ながいこと理解できないでいた。(中略)私たちはすこしずつ、孤独が、かつて私たちを恐れさせたような荒野でないことを知ったように思う」(分中略は筆者による)
この文章で、今度本屋に行ったら、
須賀氏の本を探してみようかと、
思わされてしまいました。

しかしブルータスも、
確かこないだの特集はYouTubeだったんだよねぇ。
なんか、スノッブに転びそうで転ばない、
今一番面白い雑誌かもなぁ。
(スノッブに転びまくって、結果、
下品になっている雑誌は他にありますけれど)
[PR]
by aki9ma | 2008-12-17 08:02 | 本。 | Comments(0)